校長あいさつ
校長あいさつ


校長 郷家 俊哉(さといえ としや)

 

 本校は、昭和37年4月に、それまでいわき市に設置されていた福島県立養護学校を郡山市に移設する形で開校いたしました。
 また、平成29年4月より、福島県立郡山養護学校から福島県立郡山支援学校へと校名を変更し、本県肢体不自由教育の一翼を担う学校として、また、地域のセンター的機能を果たす学校として再出発いたしました。

 本校では、今年度、別掲の「学校経営・運営ビジョン」により、学校教育目標の達成に向けて、日々教育実践及び学校運営を行うとともに、その達成状況を絶えず客観的に評価・検証しながら、継続的な学校改善・充実が図られるよう鋭意取り組んでまいります。

 現代は、社会構造や雇用環境などが急速に変化し、将来への予測がますます困難な状況となっていることなどから、様々な人々との協働を通して社会的変化を乗り越え、豊かな人生を切り開いていくことが求められています。

 したがって、児童生徒一人一人が将来に渡って、明るく、正しく、心豊かに自分らしく歩むために必要な知識や力を育むことができるよう、互いの学びあいに主眼を置いた主体的・対話的で深い学びによる授業改善及び教育活動の質の向上を図っていくためのカリキュラム・マネジメントに取り組んでまいります。
 それにより、それぞれが自分のよさや可能性を生かすとともに、友達や教師、地域の様々な人々と協働し、社会的変化に対応しながら、困難を乗り越え心豊かな人生を切り開いていくことができる“しなやかなたくましさ”を持った児童生徒の育成を目指してまいります。

 今後とも、一人一人の子どもたちが持てる力を最大限に発揮できるよう、また、安心安全な学校づくりに向けて教職員一丸となって取り組んでまいりますので、広くご理解とご支援をお願いしますとともに、忌憚のないご意見を賜りますようよろしくお願いいたします。
 
 
令和元年  5月
copyright©2012  all rights reserved.