健康教育部 給食係
健康教育部より

健康教育部

献立コンクールの結果について

 11月に実施した献立コンクール「親子で考える給食献立~冬においしい野菜を使ったおかず~」の審査結果をお知らせします。
 
 

学年  氏名

献立名

最優秀賞

小学部3年 

松﨑叶真さん 智子さん

「かぼちゃのスイートポテト風」

優秀賞

小学部6年

森合倖希さん 優子さん

「白菜のクリームシチュー」

高等部2年

高林紀香さん 圭子さん

「しょうがたっぷりとん汁」

アイディア賞

高等部2年

深谷汐恩さん 雅樹さん

「にん玉ふりちょり」(ごはんのおとも)

ヘルシー賞

高等部2年

佐藤優生さん 晶さん

「シチューの素を使わないチュー」

  
 12月22日に、最優秀賞の松﨑叶真さんに校長より賞状を授与しました。
 最優秀賞と優秀賞の3品は、1月の給食で提供します。
 レシピもご覧ください。
 最優秀賞.pdf
 優秀賞.pdf アイディア賞.pdf ヘルシー賞.pdf

第1回 食形態検討会

<日 時> 平成29年6月9日(金)、6月30日(金)15:45~16:45
<参加者> 耳鼻科医師:療育センター鈴木雪恵医師、教頭、健康教育部部長、健康教育部学校給食係、養護教諭
                担任、摂食担当者、自立活動アドバイザー、栄養士 
<目 的>
 食形態検討会は、小学1年生、食事に関する配慮が必要な転入生、食形態の変更を必要とする児童生徒について、食機能を評価し、安全で発達を促すための適切な食形態や指導目標を確認します。

 今回の食形態検討会は、小学部1年生6名を対象でした。給食の様子をビデオ視聴し、チェックリストを用い、食機能の発達段階を確認しました。


 療育センター鈴木雪恵耳鼻科医師からは食形態、再調理や配膳の工夫、介助方法などについての助言、自立活動アドバイザーからは姿勢についてアドバイスを受け、適切な食形態や指導方針を確認しました。
健康教育部