小学部へようこそ
小学部より

小学部

6年2組、3組 イオンに校外学習に行ってきました。

 

 6月27日(木)と8月29日(木)にイオンフェスタに校外学習に行ってきました。それぞれのクラスで買い物をしたり、昼食を注文して食べたりしました。自分で品物を選び財布からお金を出して自分で支払いをしました。日頃の学校生活では味わうことが難しい有意義な経験ができました。子どもたちはみんな終始笑顔で活動を楽しんでいました。

 

小学部5年生の学習を紹介します。

 

1組

 家庭科の「ゆでる調理をしよう」では、野菜を洗う・切る・皮をむく・ゆでる・皿に盛りつける作業に、役割を分担しながら協力して取り組みました。ゆでる調理を行ったことで、材料によって、ゆでる時間の違いで、ゆでる前と後では、色、かたさ、かさ、味などに変化があることに気づくことができました。特に、ゆで卵には、それぞれの好みのかたさがあるようで、自分好みのゆで卵ができると、みんな満足気でした。

 今後は、ゆでる調理の仕方を工夫したり応用したりして、家庭でのおいしい食事作りの手伝いなどに取り組んでほしいと思います。また、次回の調理実習へ向けて、さらに学習意欲を高めていきたいと思います。

 

2組

 国語では、言葉の学習をしています。プリント3枚に取り組んだ後で、プリントで学習した言葉を9つ選び、「言葉ビンゴ」を行います。まずは、自分でプリントに挑戦します。丸付けの後で、わからなかったところや間違えてしまったところを、自分で調べたり、お互いに教え合ったりします。プリントが終わったら、「言葉ビンゴ」の時間です。教師が話したり、指文字で表したりすることで、選んだ言葉を伝えます。教師からの発信を逃さないように、じっと見つめる2人。読み取れなかったときには、「もう一度、お願いします。」と伝えます。どちらが多くビンゴになるか、競い合いながらチャレンジ。勝ったときは、大喜び!残念ながら負けてしまったときには、相手をお祝いします。“言葉を知る”学習、“話者の話を最後まで聞く”練習として、お互いに高め合いつつ、楽しみながら頑張っています。

 

3組

 算数科の授業で、「計量カップの読み方・量り方」の学習を行ってきました。1目盛りが10mLずつ増えていくことや、容器の形が違うと量の見え方も違ってくることなど、実際に計量した水をコップに移し替えることで、子どもたち自身の気づきを大切にしながら取り組みました。単元のまとめとして、計量カップを活用した調理活動も行いました。「正確に計量することでおいしいデザートができる。」「パッケージには必要な量が記載されている。」ということを実際の活動を通して知ることができました。調理活動では、集中して丁寧に取り組んでいる様子がとても印象的でした。「もっと色々なのを作ってみたい。」という声も聞かれました。

 

 4組 

 5年4組では、生活科の時間にアサガオを育てる学習をしています。アサガオの栽培を通じて、種や土、葉に触れる体験をして、アサガオが成長する様子を観察しました。子どもたちも、土に触ったり、水やりをしたりすることで、自分から手を伸ばして土に触ろうとしたり、教師と一緒に笑顔でじょうろを握ったりする様子が見られました。また、ベランダにアサガオを見に行く度に、「どうなっているかな?」とわくわくした表情で、大きくなる葉っぱや伸びていくつるの観察をすることができました。アサガオの栽培をきっかけに、植物への興味が広がっていって欲しいと思います。

5組

 生活単元学習で、4月から「野菜を育てよう」の学習を行ってきました。最初は、小さな苗を見て、大きくなったら何ができるかを予想しました。花やナス、トマトなど、答えはそれぞれでしたが、苗が成長する過程を見ていく学習を行うと、4人とも『ミニトマト』を育てることが分かったようです。                     

 その後、苗を丁寧に植え、毎日の水やりも頑張りました。観察記録作りでは、タブレット端末を使って自分で写真を撮ったり、花や実の色を教師と一緒に確認したりすることで、ミニトマトの成長に気づくことができました。そしていよいよ緑色の実が赤く色づき始めると、「あか!」と言ったり、指差したりして教師に伝える姿が見られるようになりました。収穫するときには、赤い実を選んで上手に引っ張ることができました。2学期には、収穫して冷凍しておいたトマトを使って調理活動を行う予定です。

 6組

 自立活動「さわってみよう」で、セロファンとクリアファイルを素材にして学習を行いました。セロファンをつかんで色を眺めたり、両手でちぎろうと引っ張ってみたりとそれぞれ感触を楽しんでいました。自分で選んだ色々な形のセロファンを開いたクリアファイルの上に散らして挟みました。挟んだファイルを提示すると、作品を見て目を大きくしたり、ファイルの中のセロファンを触ろうとしたりする姿が見られました。ステンドグラスのような作品を廊下の出入り口のガラスに貼ると光が通り教室が明るくなりました。

 

クラブ活動を紹介します。

 1学期の毎週火曜日に4・5・6年生の児童が集まり、希望したグループに分かれてクラブ活動を行いました。

〇運動クラブ

 運動クラブの活動内容は児童から希望を募って決定しています。今年度はトランポリンやバランスボールなどを行いました。4年生は初めてのクラブ活動ですが、自分から役員を希望して務めたり、手を挙げて大きな声で返事をしたりと積極的に参加していました。一番人気のトランポリン活動では、友達の楽しむ表情を見ながら笑顔で揺れを共感する様子が見られたり、自分でトランポリンを弾ませて楽しむだけでなく、友達が喜ぶ表情を見てさらに揺らすようにして身体を動かしたりする様子も見られました。どの活動も子どもたちの明るい表情が見られ、「またやりたい!」とクラブ活動に意欲的に取り組んでいました。

 

〇音楽クラブ

 今年度の音楽クラブは、ふれあい遊びやリクエストタイムを行いました。ふれあい遊びでは、クラスや学年の違う友達とペアになり音楽に合わせて手を触れ合ったり、足を触ったりしました。最初はなかなか声をかけられずペアを作ることに時間がかかりましたが、回数を重ねるうちに自分から積極的に声をかける姿が多く見られました。また、自分の好きな曲を友達に紹介する「リクエストコーナー」では知っている曲は、みんなで歌ったり、ダンスしたりする様子も見られました。子ども達の笑顔がたくさん見られる楽しいクラブ活動になりました。

  

〇図工クラブ

 図工クラブでは、児童が希望した活動の中から選んだり、教師が提案したりして活動内容を決めています。今年度は、画用紙や新聞紙で魚や釣り竿を作って魚釣りゲームをしたり、紙粘土を生クリームに見立て、ビーズなどで飾り付けをしてパフェを作ったりしました。座席の近い友達とお互いの作品を笑顔で見合ったり、友達の工夫したところに気付き同じように作ってみようとしたりするなど、学年の枠を超えて友達を意識しながら活動に取り組むことができました。また感想発表では、作った作品を見せながら楽しかったことや工夫した所などを発表すると、友達から「すごいね!」「きれいだね!」などの声があがり、大きな拍手に笑顔で嬉しそうに応える様子が見られました。

 

小学部6年生の学習を紹介します。

 

6年1組

 1組は、社会科の校外学習で大安場史跡公園へ行ってきました。6年生になってから、社会の時間は「日本の歴史」を学習しており、とても興味を持って取り組んでいます。教科書で学習した古墳が自分たちの町にもあるということに驚き、大きな期待感を抱いて見学してきました。机上の学習だけでなく、実際に本物の古墳や埴輪、装飾品などを見ることで歴史を感じ、理解も深まりました

 

6年2組

 生活科の買い物学習では、目的の複数の品物を買うことやフードコートでの昼食の注文の仕方を学習しました。買い物の計画として、電卓で必要な予算を準備したり、フードコートでは「一人で注文する」ことを目標に、身振りや言葉での注文の仕方を考えたりしました。

 6月の校外学習では、店内の表示をみて、売り場を検討して自ら品物を探したり、初めて一人で昼食の注文をしたりすることができました。9月の修学旅行に向けて、さらに学習を重ねていきたいと思います。

 

 6年3組

 図画工作では、筆を使って画用紙に色を塗る活動に取り組んでいます。子どもたちが意図をもって制作ができるように、「丸」「四角」「ぐるぐる」といった形を描くことを目的にして活動を行っています。一人で描くことが難しい児童に対しては、型等を作成し、自分で目的の形を作ることができるようにしました。はじめは、画用紙を意識せずに描くことが多かった児童たちも、学習を経て、筆と画用紙をよく見て意図的に手を動かして描くことができるようになってきました。

6年4組

 「さわってみよう」の学習では、自分から手を伸ばすことや手指を動かして感触を味わうこと、両手を意図的に動かすことなどをねらいとし、様々な素材を使った感触遊びに取り組んでいます。

1学期は、カラーセロハンで感触遊びをしながら、アジサイの壁面を作ったり、お花紙やスズランテープで感触遊びをしながら、七夕飾りを作ったりしました。好きな色の素材に自分から手を伸ばしたり、カラーセロハンを顔に近づけて見たり、スズランテープを引っ張ったりなど、いろいろな方法で感触遊びを楽しみました。両手を動かしてカシャカシャと音をたてたり、ぎゅっと力強く握ったり、とそれぞれに好きな感触を見つけ、たくさん手を動かすことができました。

6年5組

 いろいろなものに興味をもって自分から触ったり、教師と一緒に手を動かして触ったりする「さわってみよう」の学習では、素材による感触や変化、温度、音、香りなどを感じ取りながら、「自分で手を動かすこと」で起きる変化が楽しい経験となるように取り組んでいます。

 6・7月は、和紙を使った色水遊びをしました。和紙の感触を確かめながら両手で触ったり、和紙が色水で染まっていく様子をじっと見たりしました。卵型はさみにもチャレンジし、「チョキン!」の声に合わせて教師と一緒に押して切った後、固定した紙を手で引っ張りながら細長く裂きました。たくさん手を動かして感触あそびを楽しみながら、あじさいの花や七夕飾りの吹き流しを作りました。

6年6組

 6年6組では身体を動かす学習に積極的に取り組んでいます。4・5・6組合同の体育ではキャスターカーを行い、揺れる動きや景色の変化を感じながら身体を動かしました。「ふれあいタイム」ではバランスボールやシーツブランコなどの揺れ遊びに取り組み、「もっとやりたい!」と表情や視線、身体の動きなどで教師に伝えながら、たくさん身体を動かしました。クラブでは運動クラブを選択し、4・5・6学年合同で下級生とふれあいながら揺れを楽しみました。

6年7組

「さわってみよう」

 児童が身近にある素材に触れて、その感触やにおいを味わうこと、楽しむことを大切にし、学習に取り組んでいます。

 児童は、指先で物に触れた後、軽くたたく、握る、耳元に持っていき音を確かめる、口元に持っていき歯ざわりを確かめるなど、自分のやり方で物にかかわる姿が見られます。安心して触れることができる「野菜」を取り入れて、学習に取り組みました。絵本「やさい」の読み聞かせをした後、野菜のにおいをかいでから、野菜を手元におくと、自分から指先で探るように野菜に触れて、握る姿が見られました。そして、そのまま口元へ持っていき歯ざわりを確かめる姿が見られました。手から野菜を離しても、何度も自分から野菜を握り、感触を確かめていました。最後に、野菜をスタンプにして一緒に押し、季節の花を表しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

地域との交流

 7月12日(金)に地域との交流が行われました。今年度も「モアナハワイアンズ」「辻フラスクール」「FDエーデルワイスクラブ」「とみたリフレッシュクラブ」「フラワーサークルチャレンジ」の皆様に来ていただき、楽しく交流ができました。
 音楽体験やダンス、生け花などの活動を地域の方々と一緒に楽しく活動ができ、とても良い思い出となったようです。来年の活動を楽しみにしている児童もいました。各種団体の皆様ご協力ありがとうございました。

福島トヨペット交通安全教室  ふくしまキッズマンと学ぼう

 7月3日(水)に「福島トヨペット交通安全教室  ふくしまキッズマンと学ぼう」が本校体育館で行われました。「キッズマーン!!」と大きな声でみんなが呼ぶとキッズマンが登場、体育館は大歓声に包まれました。
 キッズマンピンクの若菜お姉さんが、大型絵本を見せながら交通安全についてのお話をすると、みんな目を輝かせてじっと見たり、お姉さんの質問に大きな声で元気よく答えたりしました。また、キッズマンの歌に合わせて身体を揺らしたり、笑顔になって踊りだしたりする子もいて、たくさんの曲を楽しく聴かせていただきました。最後には大型絵本や、反射材のプレゼントもありました。
 名残惜しい中、子供たちはキッズマン一人一人にタッチや固い握手をして、楽しかった気持ちを伝えて終了しました。

1年生となかよくなろう会

   5月22日(水)、「1年生となかよくなろう会」が行われました。1年生を歓迎するために、在校生が協力して招待状やプログラム、プレゼントやアーチを準備しました。1年生は、自己紹介の準備と練習を重ねました。

   当日は、児童会の役員児童が会を進行してくれました。期待と緊張で胸いっぱいの1年生が入場すると、在校生は笑顔と拍手で迎えてくれました。2年生からプレゼントを手渡されると、緊張気味の1年生にも笑顔が見られました。1年生の自己紹介では、みんなが胸を張って、自分の名前と好きなものを発表することができました。

 

   4年生が進行してくれたお楽しみ活動では、それぞれのグループが1年生を迎えて、楽しく「手と手と手と」のふれあい遊びや、バルーン活動を行うことができました。活動中は、1年生とタッチをしたり、みんなでバルーンからの風を感じたりしながら、自然と笑顔があふれました。

   小学部の児童がみんなで作り上げた、温かく素敵な会でした。

今年度も仲良く、楽しく、素敵な1年間にしていきましょう!

 

 

 

ALTとの外国語活動・外国語

 4月18日(木)、外国語活動・外国語を履修する学級で、ALTとの授業を行いました。

 初めて外国語活動を履修する児童や、4月から転入してきた児童もおり、今回は英語での自己紹介を一人ずつ行いました。覚えた英語を大きな声で話したり、準備した下書きを読んだりと、緊張しながらも、ALTや友達に向かって自己紹介をすることができました。

 最後はALTとのジャンケン大会! 最後まで勝ち上がったゆた君、おめでとう!

 

家庭の交通安全推進委員委嘱式

 4月17日(水)、家庭の交通安全推進委員委嘱式が行われました。
交通のきまりを守ること、車に乗ったらシートベルトをすることなど、
自分や家族の交通安全を推進する役割を警察署の方から委嘱されました。
普段あまり見ることのない警察官の方を前に、みんなきりりとした表情でした。
6年生のみなさん、交通安全推進委員、頑張ってください。

 

小学部1学年の学習を紹介します

1年1組

 図工の時間に、「自然となかよく」という題材で、落ち葉や木の実、枝などを拾い集めて思いついたものを作る活動をしました。真っ白い画用紙の上に、自分が集めたドングリや葉などを並べて、「家族みたい。」「電車に見えてきたよ!」などイメージをふくらませながら、集中して取り組みました。また2年生との合同学習なので、おもしろい形の枝や葉を一緒に探したり、2年生の製作の様子を見て自分の作品に取り入れたりする姿も見られました。

1年2組

 図画工作では、「うつしてあそぼう」という題材で、はんこ遊びや版画遊びをしました。ラップの芯や波ダンボールに絵の具をつけてはんこのように紙に写したり、はさみで切った画用紙を台紙に貼り付けて、インクをつけて版画に写し取ったりしました。自由に写して偶然性を楽しむ子、好きな食べ物などをイメージして貼り付ける子、それぞれに「うつす」ことのおもしろさを味わいました。

1年3組

 自立活動「さわってみよう~スライム~」では、スライム作りをしたりスライムに触ったりする学習をしました。はじめのうちはプルプルしたスライムの感触に「これは何だろう。」という表情の二人でした。同じ学習に繰り返し取り組むことで、指でつんつんと触れたり教師と一緒にスライムを持ったりすることができるようになりました。

 学習のまとめでは、作ったスライムを容器に詰めて作品を作りました。作品展に出品し、みんなに「きれいだね。」とうれしい感想をもらいました。これからも、手や指をたくさん動かして色々なものに触る経験を積んでいきたいです!