小学部へようこそ
小学部より

小学部

小学部1年生の学習を紹介します。

1組

 生活科では、「夏だ遊ぼう」や「楽しい秋いっぱい」の単元で、学校の近くの公園に歩いて行きました。夏に出かけた時には、暑くて公園の遊具も熱くなっていることに気が付いたり、花が咲いているのを見つけたりすることができました。ジャングルジムや滑り台、ブランコにも乗って楽しく遊ぶことができました。秋にも同じ公園に行くと、遊具をそっと触って熱くないことを確かめたり、栗やどんぐり、紅葉で色づいた葉っぱなどを見つけたりすることができました。夏との違いに気が付きながら、遊具で遊んだり、まつぼっくりやどんぐりをたくさん拾ったりすることができました。

2組

 算数『どっちかな?』では、「重い」や「軽い」について学習しました。身近なものには“重さ”があることを知り、数量について関心を持ってもらえればと思い、体験的な学習を中心に行いました。実際にものを持ち上げ、重い時に「うっ!」と声が出たり、覚えた手話で表現したり、楽しく”重さ”を感じることができました。

 3組

 生活単元学習「かたちであそぼう」で、制作遊びに取り組みました。

身近な素材である牛乳パックやヤクルトの空き容器を使って、並べたり、積み重ねたりして遊びました。子ども達はそれぞれ大きく広げて「おうち」や、たくさん積んで「ロボット」を作って見せ合って遊ぶことができました。

 また、形そのものに注目できるように、スタンプ遊びにも取り組みました。牛乳パックやトイレットペーパーの芯などに絵の具をつけて画用紙にぺったんぺったん。直接絵の具に触ることには抵抗のある子どもも、絵の具が混ざり合って色が変わる様子を楽しんだり、画用紙に四角や丸、三角の形が出てくる様子に驚いたりしながら活動に取り組むことができました。たくさん色を使いたい子、紙いっぱいにスタンプしたい子など、それぞれの個性が作品に表れています。

出来上がった作品は、作品展に出品しました。たくさんの方に見ていただけるのが楽しみです。

 

 4組

 音楽『いい音鳴らそう』では、鈴やタンブリン、ベルハーモニーなどの中から、自分で好きな楽器を選んで鳴らす活動に取り組んでいます。ダブルクリップを使ったり、かごに浮かせて取り付けたりして、小さな力でも音が鳴るように工夫しました。すると、自分から手を伸ばしてたたいたり、楽器をよく見て真剣な表情で手を動かそうとしたりする様子が見られるようになりました。また、いい音が鳴った時には“今、上手に鳴らせたよ!”と教師と目を合わせたり、笑顔で嬉しい気持ちを表したりして、音を鳴らす楽しさを感じながら授業に取り組むことができています。

 5組

 自立活動「さわってみよう~ペタペタえのぐ~」という学習の中で、指絵の具を使って作品作りを行いました。これまで学習を重ねてきて、指絵の具のぬるっという感触を経験してきたこと、また「くだもの」の絵本を読んできたことから、果物を作ることにしました。

 指絵の具をさわると、自分から手を引き寄せるように動かしたり指を開くように動かしたりしながらぬるっという感触を確かめることができました。教師の支援を受けながら指絵の具のついた手を紙から離すと、ペタッと指絵の具が離れる感覚がおもしろく、声を出して笑いながら紙に模様をつけることもたくさんありました。また、トレーの上で指絵の具がついた手を動かす感覚と、紙の上で動かす感覚が異なることを感じて自分で手を動かして考えているような表情も見られました。感触を感じながら自分で手を動かそうとすることができました。

 6組(訪問学級)

 訪問授業の際に、訪問教育担当の先生4名で自宅を訪問し、一緒に学習をする機会がありました。先生たちによる「きよしこのよる」の合唱、「聖者の行進」の演奏、「てぶくろ」の読み聞かせなど、クリスマスをテーマとした学習に取り組みました。「聖者の行進」の演奏では、先生やお母さんと一緒に演奏に参加し、右手を動かして、ハンドベルを数回、鳴らすことができました。一足早く、サンタさんからのプレゼントを受け取りました。季節を感じることができたとともに、先生と1対1の授業とは異なる雰囲気を味わうことができました。

 

小学部2年生の学習を紹介します。

1組

 国語の学習「お話の作者になろう」では、登場人物の人物像やお話の展開を考えて文章を書きました。初めてのお話づくりで、始めはなかなか書き出せませんでした。でも、友達や先生と話したり、自分が読んだことのある物語を思い浮かべたりするうちに、お話が少しずつ浮かんできました。「次はこんなことが起こったらおもしろそう」「ここで誰かが来たらいいかも」と、楽しそうな発言も飛び出すようになりました。書き上げたお話は廊下に掲示し、読んだ人に感想を書いていただきました。感想を読んで「また書こうかな。」と意欲を見せていた子どもたちでした。

2組

 生活科では「そだてよう」という学習を行い、4月から「チューリップ」「ミニトマト」「ヒヤシンス」「クロッカス」の栽培を行いました。1年生の時に育てた「あさがお」と比較しながら、それぞれ、種、苗、球根を土や水に植えること、葉っぱや花の形や色の違い、種や実がなることを学習しました。毎日の水遣りを行いながら観察し、アイパッドで写真を撮って観察カードにまとめました。「芽がでた!」「花がさいた!」「実が赤くなった!」「根っこが伸びてきた!」など、自分の育てている植物の成長を楽しみに育てました。

3組

 音楽の学習に、3年4組、2年2組の友達と一緒に取り組んでいます。音楽の時間が大好きな二人!この時間を楽しみにしています。学習では、友達とのふれあい遊び、歌唱・器楽、鑑賞など毎回3つの内容を行います。

 歌唱・器楽は、「ゆかいなまきば」の①パネルシアターを見ながら曲を聴く②楽器を演奏する、の2本立て♪

 曲を聴くときには楽しい気持ちになり、笑顔になったり体を動かしたりしています。楽器は、愛琉くんはハンドベル(一人でもつことができるように髪を縛る柔らかいシュシュで補助しています)、和湖さんはギターを演奏しています。二人とも、自分で音を鳴らす楽しさ、心地よさを感じて演奏に夢中になっています。これからもきれいな音にたくさん触れ、さらに音楽を好きになってほしいです!

 

小学部 クリスマスお楽しみ会

 12月5日(木)に、クリスマスお楽しみ会が行われました。この日のために、子どもたちは飾り作りに取り組んだり、出し物の発表に向けてたくさん練習をしたりしてきました。今年もゲストとして、イオンからワオンくんとエリンちゃん、がくとくんとおんぷちゃんが来校し、会場の子どもたちも歓声を上げて、笑顔と拍手でゲストをお迎えしました。

 お楽しみ会では、7つのグループが日頃の学習の成果をみんなの前で発表しました。音楽で練習した楽器の演奏を披露したり、流行りの曲に乗せてダンスを踊ったりなど、どのグループも個性豊かで、素晴らしい発表を見せてくれました。

 また、毎年本校のクリスマスお楽しみ会にご協力いただいているイオンさんから、子ども達一人一人にクリスマスプレゼントをいただきました。ワオンくん達から手渡しでプレゼントを受け取り、子ども達も目をキラキラさせながら、ゲストのみなさんとのふれあいを楽しみました。

 発表に、プレゼント、みんなで歌った「あわてんぼうのサンタクロース」。今年も素敵なクリスマスの思い出ができました。

 

 

 

 

 

小学部3年生の学習を紹介します。

2組

<国語の学習>単元名「遠足の思い出を先生や友達に伝えよう」

 9月に東北サファリパークへ遠足に行ってきました。遠足で見たり触ったりした動物たちの様子やその時の気持ちを写真や動画を見ながら振り返り、文章を考えて作文を書きました。そして、「聞き手が聞き取りやすい発表の仕方って何だろう?」をみんなで考え、「校長先生の読み方」を思い出し、発表する場面では「目線」「声の大きさ」「ゆっくり・はっきり」の3つのポイントを意識して発表しました。最初は、恥ずかしさから声が出なかったり、作文を読むことに集中してしまい、目線が下になっていたりしていた児童たちでしたが、タブレット端末で自分たちの発表の様子を撮影した映像を見ては振り返りをする、という学習を繰り返す中で、「次は聞いている人、一人一人を見る!」などと、毎時間目標を立てて取り組みました。

 単元の最後の発表会では、多くの先生方の前で堂々と発表することができました。

 

3組

 2学期の始めから約1か月、図画工作科で粘土を使った学習「つくってあそぼう」を行いました。最初の頃は、指先に粘土がつくと気になり、触ることをやめてしまうことがありましたが、冷たかったり柔らかかったりする触感に段々慣れていき、長い時間触り続けることができるようになりました。        長いスパンで粘土を使った学習に取り組む中で、「ちぎる」「のばす」「まるめる」などいろいろな手の動かし方を行いながら「ラーメン」や「だんご」、「すし」など身近な食べ物を作りました。

後半は、遠足で行った東北サファリパークで見た動物をイメージしながら、作りたい動物を選び、紙粘土で作ることに挑戦しました。サファリパークの写真のパネルの上で、できた動物を動かして遊ぶ活動も行いました。

 

4組

 自立活動の「さわってみよう」では、指絵の具を使った学習を行いました。最初は絵の具を触ることに緊張した様子が見られましたが、繰り返し取り組むことで、今では絵の具を使った活動がみんな大好きになり、絵の具のベタベタした感触を楽しみながら、笑顔で学習に取り組んでいます。

 画用紙の上に絵の具をたっぷりのせると、指先でトントントンと絵の具を広げてかわいい模様を描いたり、手のひら全体を使って手を大きく動かして力強い模様を描いたりすることができました。

 

5組(訪問学級)

 手を意図的に動かすことができるようにするために、手のひらを開くようにしました。生命線に沿って、教師が親指を入れ、手を開く方向に方向づけをするとともに、少し負荷をかけたところで本人が手のひらを開くのを待つようにしたところ、少しずつ親指の力を抜くことができるようになってきました。手を開くことができるようになったことで、手形を使って制作をしたり、握る学習にチャレンジしたりしています。最近では、抱っこをした時に、教師の服を握る姿も見られるようになりました。

 

小学部4年生の学習を紹介します。

1組

 体育の授業は、全学年の1組グループで行っています。10月には、小学部運動会が行われました。

1組グループの種目は「スラローム・シュート・リレー」。車いすを自操して、等間隔に並んだポールの間をジグザグに前進したり、バックでターンしたり・・・。ゴールゾーンまで進んだ後は、ハンドサッカーゴールにシュート!

 狭い間隔を車いすで進むのは、実はとっても難しいのですが、たくさん練習して頑張りました!

 

 運動会では、進行係も行いました。緑グループの種目を担当。はっきりした伝え方をするために、息継ぎや抑揚の付け方を工夫してアナウンスしました。

2組

 2組では、生活単元学習で、「さつまいもを育てよう」の学習に取り組んできました。最初は、さつまいもがどんな野菜なのかを知るために、触ったり、食べたりしました。おいしいさつまいもに興味をもった子どもたち。春先、子どもたちはシャベルを使って土嚢袋に土を入れ、苗を植えました。昨年は土に触ることに抵抗がありましたが、今年は、手や服が汚れることを気にしないで土に触れていました。教師が、「ねんねー。」と言いながら苗を土に寝かせるように置いて、「おやすみー。」と言いながら土をかぶせると、子どもたちも同じように言いながら、苗を植えていました。

 その後も、じょうろで水をあげるたびに、「おおきくなーれ。」、「あまーくなーれ。」と言ってさつまいもの成長を楽しみにしたり、「葉っぱがいっぱい。」、「葉っぱ、緑。」と植えた時との違いに気付いたりしながら、収穫できる日を楽しみにしてきました。

 収穫の日、子どもたちは、「どっこいしょ。」と言いながらつるを引っ張ったり、土の中にさつまいもを見つけて、「あった。」と言って掘り出したりしていました。

 子どもたちは、収穫したさつまいもを使って、簡単な調理をしたり、スタンプをしたりすることを楽しみにしているようです。

 

 

3組

 トマトの栽培を通して、「見る」、「触れる」、「においをかぐ」、「味わう」など様々な学習を行いました。トマトの苗を植えるときには、プランターに入れる軽石や土に触れてみました。

    最初は触らず、じっと見ていた子ども達でしたが、しだいに手を伸ばして指先や手の平で感触を確かめていました。また、握りやすい細さのペットボトルの蓋に小さな穴をいくつか開け、教師と一緒に水やりをしたり、湿った土を触ったりしました。トマトの実が赤くなってくると、子ども達が握りやすいリングや、興味のある小さなカラーボールとトマトを紐でつなげ、子ども達の力で引っ張って収穫しました。はじめは、トマトを引っ張っている実感は無いようでしたが、何度も繰り返すうちに、トマトが茎から「プチッ」と外れる感覚に気づき、トマトが取れると引っ張ることを止める姿が見られるようになってきました。

    春に植えたトマトが夏、秋と実をつけ、収穫したトマトは計130個以上!生のトマトを小さく刻んで食べたり、調味料を足して、美味しいトマトスープを作って飲んだりして、一生懸命育てたトマトを味わうことができました。

 

 4組

 「えんそくにいこう」の学習で、遠足に持っていくおやつを学校近くのコンビニエンスストアまで買い物に出掛けました。国道49号線の道路沿いの歩道を外の暑さと空気を感じ、車の往来や通り過ぎる音を聞いて、初めての活動にわくわくしながら行ってきました。

 コンビニエンスストアでは、大好きなプリンとバウムクーヘンを教師と共に選び、店員にお金を渡して、品物を受け取ってきました。買い物をしたおやつは、季節的に持ち歩くのが難しかったため、残念ながら遠足には持参せずに、事前においしくいただきました。

 サファリパークでの遠足当日は、放し飼いコースの草食動物へのえさやりや、ふれあい広場での小動物とのふれあい活動を行いました。生きた動物に触れ、たいへん貴重な体験となりました。

「うんどうかい大成功!」

 「平成から令和へ! こころをひとつに うんどうかい」をテーマに、小学部ではうんどうかいを開催しました。7つの学習グループに分かれ、日頃の学習の成果やチャレンジすることを取り入れた競技に、ひとりひとりが一生懸命に取り組み、当日を迎えました。うんどうかい当日は体育館にいっぱいの保護者の方や地域の方々から大きな声援や拍手をいただきました。また、うんどうかいの開催に際して、多くの方にボランティアとして支えていただきました。

 力いっぱい頑張った経験が、また次の学習へチャレンジする気持ちにつながると思います。たくさんの応援、ありがとうございました。数えきれない感動シーンの中から、少しですが子どもたちの様子を紹介します。

 

郡山市陸上交歓会に参加してきました。

 10月10日(木)、郡山ヒロセ開成山陸上競技場で行われた陸上交歓会にさんかしてきました。郡山市内の6年生全員が集まり、快晴の空の下、競技が行われました。

 本校の6年生は、一人一人に合わせた距離や出走方法で、当日まで練習を積み重ねてきました。

 当日は、初めての場所やいつもと違う雰囲気に圧倒されてしまう様子も見られましたが、たくさんの声援の中、自分の方法で力強く前に進み、ゴールすることができました。練習の成果を発揮することができ、子どもたちの表情からは、達成感と満足感が感じられました。

 

 

6年生、修学旅行に行ってきました。

 9月13日(金)、修学旅行でアクアマリンふくしまに行ってきました。いつもよりも早い登校時間でしたが、みんな元気にバスに乗車しました。バスの中で、クイズやカラオケをして盛り上がりました。道中もとても楽しい時間となりました。

 アクアマリンに到着してからはそれぞれの学級に分かれて活動をしました。天候にも恵まれたので屋外での活動も十分に楽しむことができました。屋内ではいろいろな海洋生物を見て喜んでいる姿も見られました。

 昼食も海を見ながらの食事となったため、いつもの食事よりおいしく感じたのではないでしょうか。

 最後に売店でお土産を買いました。自分の欲しいもの、家族へのお土産をおこづかいと相談しながらじっくり決め、自分で支払いもしました。楽しい思い出に残る一日となりました。

6年2組、3組 イオンに校外学習に行ってきました。

 

 6月27日(木)と8月29日(木)にイオンフェスタに校外学習に行ってきました。それぞれのクラスで買い物をしたり、昼食を注文して食べたりしました。自分で品物を選び財布からお金を出して自分で支払いをしました。日頃の学校生活では味わうことが難しい有意義な経験ができました。子どもたちはみんな終始笑顔で活動を楽しんでいました。

 

小学部5年生の学習を紹介します。

 

1組

 家庭科の「ゆでる調理をしよう」では、野菜を洗う・切る・皮をむく・ゆでる・皿に盛りつける作業に、役割を分担しながら協力して取り組みました。ゆでる調理を行ったことで、材料によって、ゆでる時間の違いで、ゆでる前と後では、色、かたさ、かさ、味などに変化があることに気づくことができました。特に、ゆで卵には、それぞれの好みのかたさがあるようで、自分好みのゆで卵ができると、みんな満足気でした。

 今後は、ゆでる調理の仕方を工夫したり応用したりして、家庭でのおいしい食事作りの手伝いなどに取り組んでほしいと思います。また、次回の調理実習へ向けて、さらに学習意欲を高めていきたいと思います。

 

2組

 国語では、言葉の学習をしています。プリント3枚に取り組んだ後で、プリントで学習した言葉を9つ選び、「言葉ビンゴ」を行います。まずは、自分でプリントに挑戦します。丸付けの後で、わからなかったところや間違えてしまったところを、自分で調べたり、お互いに教え合ったりします。プリントが終わったら、「言葉ビンゴ」の時間です。教師が話したり、指文字で表したりすることで、選んだ言葉を伝えます。教師からの発信を逃さないように、じっと見つめる2人。読み取れなかったときには、「もう一度、お願いします。」と伝えます。どちらが多くビンゴになるか、競い合いながらチャレンジ。勝ったときは、大喜び!残念ながら負けてしまったときには、相手をお祝いします。“言葉を知る”学習、“話者の話を最後まで聞く”練習として、お互いに高め合いつつ、楽しみながら頑張っています。

 

3組

 算数科の授業で、「計量カップの読み方・量り方」の学習を行ってきました。1目盛りが10mLずつ増えていくことや、容器の形が違うと量の見え方も違ってくることなど、実際に計量した水をコップに移し替えることで、子どもたち自身の気づきを大切にしながら取り組みました。単元のまとめとして、計量カップを活用した調理活動も行いました。「正確に計量することでおいしいデザートができる。」「パッケージには必要な量が記載されている。」ということを実際の活動を通して知ることができました。調理活動では、集中して丁寧に取り組んでいる様子がとても印象的でした。「もっと色々なのを作ってみたい。」という声も聞かれました。

 

 4組 

 5年4組では、生活科の時間にアサガオを育てる学習をしています。アサガオの栽培を通じて、種や土、葉に触れる体験をして、アサガオが成長する様子を観察しました。子どもたちも、土に触ったり、水やりをしたりすることで、自分から手を伸ばして土に触ろうとしたり、教師と一緒に笑顔でじょうろを握ったりする様子が見られました。また、ベランダにアサガオを見に行く度に、「どうなっているかな?」とわくわくした表情で、大きくなる葉っぱや伸びていくつるの観察をすることができました。アサガオの栽培をきっかけに、植物への興味が広がっていって欲しいと思います。

5組

 生活単元学習で、4月から「野菜を育てよう」の学習を行ってきました。最初は、小さな苗を見て、大きくなったら何ができるかを予想しました。花やナス、トマトなど、答えはそれぞれでしたが、苗が成長する過程を見ていく学習を行うと、4人とも『ミニトマト』を育てることが分かったようです。                     

 その後、苗を丁寧に植え、毎日の水やりも頑張りました。観察記録作りでは、タブレット端末を使って自分で写真を撮ったり、花や実の色を教師と一緒に確認したりすることで、ミニトマトの成長に気づくことができました。そしていよいよ緑色の実が赤く色づき始めると、「あか!」と言ったり、指差したりして教師に伝える姿が見られるようになりました。収穫するときには、赤い実を選んで上手に引っ張ることができました。2学期には、収穫して冷凍しておいたトマトを使って調理活動を行う予定です。

 6組

 自立活動「さわってみよう」で、セロファンとクリアファイルを素材にして学習を行いました。セロファンをつかんで色を眺めたり、両手でちぎろうと引っ張ってみたりとそれぞれ感触を楽しんでいました。自分で選んだ色々な形のセロファンを開いたクリアファイルの上に散らして挟みました。挟んだファイルを提示すると、作品を見て目を大きくしたり、ファイルの中のセロファンを触ろうとしたりする姿が見られました。ステンドグラスのような作品を廊下の出入り口のガラスに貼ると光が通り教室が明るくなりました。