小学部より

小学部

季節の行事に親しみました。(節分)

2月2日、郡山支援学校でも豆まきが行われました。新型コロナウイルス感染症対策により、例年とは違う豆まきとなりましたが、子どもたちの元気な声が聞こえてきました。

年男、年女の5年生は、各教室に豆を配りに行きました。

     

わたしたち年女よ!!「ふくはーうち!」

他の学年でもいろいろな鬼を追い払っていたようです。

 なんと!!魔よけのためにイワシを焼いて、柊を飾った学級もあったようです。

 みんなのおかげで、いろんな鬼たちが逃げていったと思います。

 

 

雪遊びをしました。(2年1組)

1月19日(火)、学校にも雪が積もりました。

風がとても冷たく、強く吹いていましたが、みんな笑顔で雪遊びをしました。

そりで滑ったり雪の上を寝転がったり、雪を踏んだギュッギュッという感じを味わうなど、冬ならではの遊びを通して楽しい時間を過ごすことができました。

お正月の行事に親しみました。(3年2組)

〈福笑い〉

 見本を見ながら、おかめとひょっとこの顔を作りました!

 次は目かくししてチャレンジだー!

〈書初め〉

書初め用の長い紙に「カメラ」と書きました。

二人とも真剣です!

〈うしの飾りづくり〉

今年の干支、うしの飾りを作りました。

心を込めて丁寧に作りました。

かわいいうしが良いことをたくさん運んでくれますね!

4年2組で団子さしをしました。

生活科「冬の生活~団子さしをしよう~」
の授業で、団子さしについて調べ、団子刺しをする意味を知りました。
みんなでぜひ作ってみようということになり、団子の粉に色粉を混ぜて、丸めて団子を作り、枝に一つ一つさしていきました。皆の願いごとを書いた紙も一緒に飾り、「早くコロナウイルスが収まり皆が元気に楽しく過ごせるように」とお願いしました。

門松が完成しました!!

昨日お知らせした「門松づくり」・・・・・

今日完成しました。

1月8日の3学期始業式には、学校のどこかに飾られていると思います。児童、生徒の皆さんは探してみてください。

(黒板に貼ってある書初めの練習用紙も「年の瀬」を感じますね。)

 

新型コロナウイルスが終息した良い1年になりますように・・・・・・

クリスマスお楽しみ会が行われました。

 12月10日(木)に、クリスマスお楽しみ会が行われました。今年は新型コロナウィルス感染症予防のため、対策をとりながらの実施となりましたが、子どもたちもこの日を楽しみに、発表の練習をしたり、飾りを作成したりしました。

 コロナ禍であっても、今年もイオンさんから子どもたちに、たくさんのプレゼントが届きました。例年であれば、職員さんやワオンくんたちと一緒に楽しい時間を過ごしていましたが、今年度はプレゼントだけでも、とご厚意を頂戴しました。この場をお借りして、イオンの皆様に厚く御礼を申し上げます。

 発表では、6組のグループが、楽器の演奏やダンス、得意なことを披露して会場を盛り上げました。どのグループも、どきどき、わくわくした表情で一生懸命練習の成果を発揮することができました。見ている子どもたちは、素敵な音楽やダンス、大人気のアニメの寸劇に笑顔を浮かべながら大きな拍手を送りました。

 みんなで作り上げた今年のクリスマスお楽しみ会。子どもたちの素敵な思い出になりました!

門松を作っています。

小学部6年3組では、お米の収穫後に出た稲わらを再利用して門松を作っています。細かい作業がたくさんありますが頑張っています。

間もなく完成予定です。

お正月が待ち遠しいですね。来年は穏やかな年になりますように・・・・